本文へスキップ

珍宝柿:学術名は筆柿

※ ホームページ内は三河弁で記述され、読みづらい箇所が随所に現われます。m(__)m

徒然草11月(第1週)  過去の日記&TOP写真

11月12日(月)
 「出不精に・・」
 この時期は畑に行っても、行かなくても、これをやらねばと言う作業がありません。雑草も伸びる訳でもないので、草刈りに追われる事もありません。そんな訳で、何気に郵送されてきた某旅行会社のツアーパンフレットを畑の車の中でラヂオを聴きながら見ていた。
 北海道は札幌雪まつりと流氷クルーズがメインですが、最初から「寒い所はなぁ~」と却下。東北は車で回ったし、蔵王の樹氷は気をひかれるけど寒さには打ち勝てず、どんどん南下。やっと大改修を終えた日光東照宮や華厳の滝が第一候補に。伊豆&富士山はドライブで行くため却下。中部圏は白川郷や金沢の蟹づくしばかりで、蟹がめんどくさいと思っているので却下。京都もなぁ・・、有馬温泉や天橋立も行ったよなぁ。四国は周遊してきたし、という事で日本三景で行っていない安芸の宮島と一度は原爆ドームは見ておきたいと第二候補に。 そんな感じで行きたいような所に付箋を貼りながら候補を絞っていた。
 考えてみると、最近は、やれ栗きんとんだ、○蕎麦や○珈琲だ、そして忍野八海だ。など等、今では考えられない程ドライブしまくっていたのに、どうしちゃったのかな。自分でもわからん!
11月13日(火)
 「折れた歯」
 御手洗団子を食べていた時に「ガキ」と言う様な違和感のある音を感じた。その時はオカシイと思っただけだったが、手で全体を撫でてみると左上の糸切り歯の次の歯がグラグラしているじゃありませんか。時すでに遅くちょっと力を入れて引っ張ってみると、完全に折れた形で外れた。歯に関しては、H26年に治療は完了し、1本だけはインプラントにするか考えておくという事で現在まで保留していた。いくら治療が完了した歯と言えども、4年も経てば傷んできたり、歯茎の方も年相応になってきます。そんな訳で、最近は硬い物や餅などは控えめにしていたのでしたが、ついに・・
 と言う訳で歯医者に行くと、歯のレントゲン写真を見て、左の奥歯は細菌が入っている状態なので抜歯が必要との事。何でも、細菌が血液に流れ、内臓を始めとするいろいろな臓器に悪さを与えやすい。という説明であった。
 まさか、治療済みで噛む時に一番使用する奥歯を抜く事になるとは思ってもみなかった事である。今後は右の奥歯から始め、全体的に治療して行く事に。今日抜いた奥歯の手前の歯は虫歯も無くしっかりした歯なので傷つけたくない。従ってインプラントにして終える治療方針と言う事になった。
 それにしても奥歯を抜くとは・・・
11月14日(水)
 「咀嚼」
 奥歯を抜いた翌日です。何か口に入れても恐ろしくて抜いた側に触れないように、反対側(右側)で噛むしかありません。しかも右側は26年からインプラントを保留してきた方なので、1本歯がありません。そんな助教なので左側で噛み砕く生活を続けてきたのです。そんなところへ持って来て左奥歯を抜いたものだから、少しでも固めな物は右側に持って行っても思うように噛み砕けないのです。じゃぁ柔らかい物はどうだと言われても、今度は隙間に入ってしまい、これまた調子が良くありません。来週から右奥歯から治療していくと言っているが、益々噛み砕く場所が無くなってしまう気がします。
 こりゃぁ、当分の間はパンにバターの生活かなぁ
11月15日(木)
 「自動巻き時計」
 毎度言っている通り、畑ではこれと言った仕事は有りません。ブロッコリーの草取りをしている時に時計を見てみると1時10分を示していた。風もなく11月とは思えないような暖かい日だったのでお昼休みも取らずにボーと草を取っていた事に成る。「そうだ!モーニングに間に合うじゃないか!」という事で慌てて自宅に戻り作業着から着替えて車に乗り込む。エンジンスタートをする時に車の時計が1時50分を示していた。行こうとしている喫茶店のモーニングは2時までなので間に合わない。「アレー、おかしいな?」と腕時計を見ると1時20分を示している。自動巻きなので巻きが足らず止まっていた時間があったようである。
畑で腰かけて右手で草を取っているので、左手の装着されている腕時計の自動巻き機能が働いていなかったようである。今どの程度巻かれているのか分かる様なインジケーターの様なものがあるわけではないので、時計を手にもって降るしか手立ては有りません。または、時計愛好家がもっているワインダーなる自動巻き器を購入するしか無さそうです。
 時刻を確認する場合はスマホで済ませる人が多いと聞きますが、筆柿は腕時計派だからなぁ~、ワインダーかなぁ~!
11月16日(金)
 「保育園の作品展」
 孫娘が通う保育園で園児の作品展が開催されているという事で覗きいてきました。昨年は展示室に入るや否や、思わず「凄~い・・」と声が出るほどの内容で度肝を抜かれた記憶があります。昨年の遊戯室のテーマはドラえもんがタイムマシーンに乗って訪れた恐竜時代の〇〇ザウルスや〇〇ノドン等の恐竜が数体作られていて、その精巧さと迫力は見事なものがありました。今年のテーマを楽しみに中に入ると、娘たちが手掛けた、ナガスクジラとマンタのようなエイ、別の組はタカアシガニやジンベイザメなど等、水族館さながらに展示されていた。運動会が終わって2か月ほどの作成期間を聞くと、保育士や園児たちの頑張りに、唯々頭が下がる思いです。
 終わったら壊しちゃうそうですが、我が家の倉庫にサメとエイを吊るしておきたいな。。
11月17日(土)
 「空白の午後」
 地区防災訓練が8時から行われ、サイレンと同時に指定された場所に集まるという、避難訓練形式で行われた。因みに筆柿は9軒程度の班長なので、集合した人数や安否確認などを行った件数などを取りまとめて報告する役目でもあった。
 もうひとつ、数週間前にJAの総代研修会が本日午後1時30分から開催されるという案内を受け取ってた。当然スマホのスケジュールに防災訓練と総代研修会がインプットしていた。ところが、昨日から明日は朝から防災訓練か!と言う内容の会話はあっても、その後に総代研修会があるので一日潰れちゃうな!と言う様な会話は一度もなかった。更に運の悪い事に、普段なら布団から出る時にスケジュールを確認するのに、今日に限って目覚ましをセットした関係で「目覚まし=防災訓練」と脳が勝手に判断。
 とまぁ、言い訳じみた事をつらつら書きましたが、午後に総代研修会があった、言う事に全く気が付かなかった。気が付いたのは研修終了の30分前で万事休す。
 別に研修がどうのこうのより、欠席した事で3千円程度の記念品を貰い損ねたショックが大きい。
11月18日(日)
 「