本文へスキップ

珍宝柿:学術名は筆柿

※ ホームページ内は三河弁で記述され、読みづらい箇所が随所に現われます。m(__)m

徒然草3月(第2週)  過去の日記&TOP写真

03月18日(月)
 「体温の氷点と融点」
 今日も肺炎球菌ネタです。目覚めて直ぐに体温計を挟みます。若干の熱ぽさは残るものの、明らかに体が楽に感じます。恐る恐る体温計を覗き込むと、36.6℃。 同じ体温を示していても、昨日までとは明らかに異なります。水のが氷になり始める温度と氷が水になり始める温度は0℃と言われていますが、この氷点と融点と同じ感覚です。 と言う感覚だったので3日振りに活動開始。 とは言っても病み上がりなので、一緒にカンボジアに行く知人と喫茶店にて、手荷物等の詳細な打ち合わせをする程度で切り上げてきました。
 しかし、僅か数パーセントの確率で発症する、ワクチン接種の副作用に見舞われるとは、思いもよりませんでした。 もし、ワクチンの取り寄せに時間が掛かり、今週に接種していたと思うと、運が良かったとしか言いようがありません。
 注:今回の高熱がワクチンの副作用による症状と酷似していたので、副作用と勝手に決め込んでいるもので、診察を受けて判断されたものではありません。
03月19日(火)
 「パッケージング1」
 パッケージングが休日に行えなかったので切羽詰まって来た。例年のタイゴルフや国内旅行なら、知り尽くしているのでパッパッと片付くのですが、今回だけは簡単ではなさそうです。筆柿の着替えや日常品は暑い所に行くので、アレコレ詰め込んでもガラガラだと安気に構えていた。ところが、国際交流協会から一緒に運ぶようにと、大きな紙袋に子供服等がびっしり入った写真付きでLINEが飛んできた。受け取りに行くと、子供服なら判るが、何故?と疑う様なセーターやダウンまで含めて約6Kg。
 早速自宅でスーツケースに入るようにしたが、圧縮も空しくスーツケースの蓋側半分を占領されてしまった。 と言う事で、余裕を持ってと言う訳にはいかなくなりました。
03月20日(水)
 「馬鹿騒ぎ!」
 ポカポカ陽気となりました。TVのワイドショー番組では、桜の基準木を訪れる気象庁職員を取り囲み、開花宣言の発表を追いかけると言う、公共の電波を使って馬鹿騒ぎをしています。震災に関する報道に強い妙な顔つきで答えていたのが嘘のようです。
 さて、暖かくなると雑草が勢いづいてきます。何とっても厄介なのは「スギナ」です。草刈機で刈り取るにしても、密集率が高いので回転力を上げないと絡みついてしまう感じです。まぁ!、カンボジアから帰ってからだな、、と何時もの先送り主義でやり過ごすつもりですが、暖かくなってからの一週間の空白は、、、と恐ろしさを感じます。
 自宅前の河川敷の草だけは刈り取っておきました。
03月21日(木)
 「パッケージング2」
 旅行は計画したころが一番楽しい気がします。パッケジングの頃になると、現地での服装など考えると、少し気が重くなる感じがします。(出かけてしまえばなんて事は無いのですがね!)
 さて、預入の重量制限は40Kgです。運動会の商品などが20kg/1人を運ぶため、スーツケースはが20Kgと成ります。国際交流協会から頼まれている子供服等が6kg、スーツケースが古く重いので、筆柿個人の物は、概ね7Kg前後となります。
 話は逸れますが、水事情の悪い所へ飛んでいるでパイロットは眼を守る為にゴーグルを掛けて、口を真一文字に閉じてシャワーを浴びるそうです。湯船に浸かる事は絶対しません。勿論、歯磨きなども濯ぎもペットボトルです。不測の事態に備えるため、細心の注意を払っているとの事。そんな訳でキャリーケースの中身はペットボトルの水が何リットルも入っているそうです。カンボジアはそれ程とは思いますが、初めての国なので注意して行ってきます。
 最終重量は18.5Kgと成りました。
03月22日(金)
 「カンボジア」
 今日から28日まで7日間お休みします。
03月23日(土)
 「カンボジア」

03月24日(日)
 「カンボジア」