本文へスキップ

珍宝柿:学術名は筆柿

※ ホームページ内は三河弁で記述され、読みづらい箇所が随所に現われます。m(__)m

徒然草07月(第4週) 過去の日記&TOP写真

07月26日(月)
 「利尻島」
 コロナワクチン接種も終了したこともあり、空仲間から久しぶりに一緒に出掛けようと言う事で利尻島へ。ワクチン接種が済んだと言っても、沖縄や札幌に行くことは控えることにした。
 利尻といえば利尻昆布とウニが超有名です。道路沿いの至る所で利尻昆布の天日干し作業風景を見かけました。ホテルにチックインしてウニ丼を食べに町に出るとお店が軒並み閉店状態。
閉店中のお店が女将さんの心遣いで「ウニ丼だけなら!」と言う事で店を開けて頂きウニを食してきました。
 今日から利尻昆布が解禁で疲れ切ってしまい、お店を開店できる状態ではないとの事でした。
07月27日(火)
 「利尻島」
 利尻島は1時間30分もあれば一周でき、レンタカー返却は13時なので余裕たっぷりです。利尻島は火山噴火で出来た島で農地は一か所も無く、牛などの家畜類もいません。昆布とウニの漁業だけです。
 利尻等の見どころは一生懸命探しても「オタトマリ沼」「恋人岬」位しかありません。やはり観光の目的は日本一美味しいと言われる「蝦夷ウニ」が目的です。利尻のウニが日本一と言われるのは、利尻昆布を食べて育っているからです。
 利尻まで来たならと言う事で昨晩の夕食に続き昼食もウニ丼を頂いて利尻を後にしました。空からの利尻富士は荒々しく雄大です。
07月28日(水)
 「梅干し」
 今日は土用の丑です。6月に漬け込んだ梅干しは土用の丑の前後の天候の良い日に干すのが良いとされている。紀州路、利尻島と遊び過ぎたので、梅干しタイミングを忘れていた。思い出すように朝一から干し始めました。今年は極上の4Lサイズの南高梅を使ったので、数は少なめですが、肉厚もあり漬かり具合も完璧です。昨年の梅干しが残っているので、今年は3Kgしか漬けてありませんが、出来栄えも良くニコニコです。
07月29日(木)
 「かき氷器」
 美味しいかき氷が欲しいと言う事で帰省中の息子と仕入れた機器で始めてかき氷を作ってみた。専用の製氷カップで作った氷をかき氷器にセット。バネの圧力で押さえつけてるので力を加える必要はない。スイッチを入れて氷が回りだします。最初は全く削れない位置に刃が下げてあるので、氷の回転と同時に刃を設置させていきます。チョット触る程度でふわトロの氷、刃の設置面を増やすとシャリシャリの氷となります。好みで刃の調整が必要である。
 製氷カップ一杯で一人前のかき氷なので大人数で行うなら予備の製氷カップの補充が必要である。
07月30日(金)
 「練乳」
 昨晩ふわとろかき氷を頂いたが、正直何かが足りない気がしていた。製品に付属のパンフレットに目をやると、美味しそうなかき氷には必ず練乳を使用している。市販の練乳は歯磨き粉と同様のチューブに入っていて高価である。ならば自作の練乳を!と言う事で作ってみました。牛乳400cc+グラニュー糖100gを鍋に入れ、約半量になるまで木べらで混ぜます。
かき氷専用の練乳なので市販の物やネットで紹介されているものよりは、とろ~!と柔らかめに仕上げました。
 早速かき氷に冷蔵庫で冷ました練乳、市販のイチゴの氷蜜に小倉あんをトッピングして頂きました。
 これで、みんなが集まるお盆の出店?に出しても大丈夫です。
07月31日(土)
 「夏祭り・・」
 昨日練乳で調子づいた筆柿です。今日は一昨年?に孫たちが出店の話をしていたことを思い出した。夏祭りもコロナで2年間中止です。折角の楽しい夏休みを少しでも・・・と言う事で、水風船釣り、光る輪、マジックボールすくい。
 BBQコーナでウインナー・・・あれもこれもとなると大変なので手間を掛けずに楽しめる事が出来ればと思案中です。

08月01日(日)
 「