本文へスキップ

珍宝柿:学術名は筆柿

※ ホームページ内は三河弁で記述され、読みづらい箇所が随所に現われます。m(__)m

徒然草04月(第1週)  過去の日記&TOP写真

04月16日(月)
 「南東北桜街道~三日間」
 良い旅だったか、今一つだったかは料理やホテルで大きく左右されてしまいます。得てして団体御一行様は、ーA~+Bクラスのホテルで、料理は変わり映えのしないバイキングと相場は決まっています。少しの金額差ならワンランクツアーに参加した方が後悔しないと言う事を経験則から学んでいました。そんな訳でプレミアムと題したなツアーに参加。
 まず、生まれてこの方乗った事のないグリーン車で東京。東北新幹線に乗り換えて郡山まで。お出迎えの観光バスにて日本三大桜の一つである「三春の滝桜」へ。生憎今年の異常開花は東北地方も同様で、本来なら満開前後の旅行日程でしたが、既に15分咲きと葉桜になり始めと云う状態でした。それでも樹齢1000年を超える天然記念物の桜は見応えがありました。今回の桜ツアーは既に満開~葉桜が多いという事で、当初の予定を組み替えての旅と成りました。と、いう事で満開を迎えた地蔵桜と呼ばれている紅枝垂れ桜を見学して、宿泊地である裏磐梯の猫魔温泉(裏磐梯レイクリゾート」へ。夕食はフレンチと期待しましたが、メインであるお肉がナイフの歯が立たない、噛み切れない、飲み込めないの3ない尽くしと少し残念でした。
 磐梯山の噴火でできた湖を望みながらの温泉は泉質も良くを最高でした。ただ、残雪が残る程の場所ですから露天風呂はちょっと寒かったです。
04月17日(火)
 「鶴ヶ城」
 今日のメインは会津若松の名城である鶴ヶ城です。なにせ、夫婦限定のツアーですから、ホテル出発はゆったりの9時、喜多方ラーメンで有名な喜多方市の桜並木見学~渋川問屋(郷土料理)~鶴ヶ城~秋保温泉(伝承千年の宿 佐勘)と午前午後と2箇所しか見学コースが設定されていのです。
 喜多方市はこれと云って何もない街であり、喜多方ラーメンが全国区になったか理解に苦しむ様な所です。桜並木はツアー会社が何とかお客さんに桜を見せたいという感じでコース変更した所ですから、それなりに見応えは有りますが、敢えてツアーで立ち寄る程の素晴らしさは有りません。
 メインである鶴ヶ城は日本さくら100選に選ばれた、1000本の桜が映える赤瓦の天守閣です。桜は満開で人混みをかき分けながら、先ずは五階の天守閣まで駆け上がり、赤瓦と桜で埋め尽くされた城内を見下ろすことに。鶴ヶ城は当時の設計図に基づいて昭和40年に復元されたお城です。
 お城を見た後は2時間近くかけて、仙台の奥座敷である秋保温泉へ。今晩の宿は見てびっくり、入ってビックリ、食事でビックリと素晴らしいお宿です。食事時に女将が挨拶に見え、聞くと長島温泉ホテル花見月、舘山寺温泉ホテル九重と設計者が同じ方との事。しかも、サミットのG20財務会議が行われ、麻生大臣を見た方ともお話しすることができました。 昨日がAグレード、今日がSグレードとなっていましたが、AとSでこんなに差があるものかと思いました。と
04月18日(水)
 「あ・あ松島や、松島や」
 今朝は今にも雨が降って来そうな天気です。晴れ男を自負している筆柿ですが、止むを得ずにホテル前のコンビニで折りたたみ傘を購入する事に。最初に向かった先は、日本三景の一つである松島です。昨年天橋立を制覇したので、後は安芸の宮島を制覇すれば日本三景を制覇した事に成ります。東北大震災で家屋の倒壊や津波による被害が何処まであったのか、僅か1時間足らずの滞在では良く分かりませんでした。が、海に面した道路に沿って立ち並ぶお土産屋さんを見ると、津波で店内の商品は流されたが、建物が破壊されたと云う感じはしませんでした。松島の魅力は、海に点在する無数の島々が、とても幻想的な雰囲気を醸し出しています。
 昼食は海の幸が美味しい、塩釜の握り寿司です。黙々と頂くのも・・という事で、お隣の方とビールでも飲みますか!という事に成り、生中ビールを頂きながら東北海の幸を堪能してきました。本来なら日本さくら100選に選ばれている船岡城址公園の1000本桜~白石川堤の一目千本桜を見て白石蔵王駅から東北新幹線で帰路予定でしたが、残念ながら桜が無いので、福島まで足を延ばし花桃を見て、再び宮城の白石蔵王駅に戻り帰路の途につきました。
 まぁ!コース変更はありましたが、三春の滝桜、鶴ヶ城、松島は見て回れたので、これで文句を言ったら罰が当たります。
04月19日(木)
 「風邪&宴席」
 参った!寒暖差に負けたようです。帰路の新幹線の中で嫌な咳が続いたので、嫌な感じはしていました。案の定、夜中に声がかすれる様になってしまい、喉チンコが腫れた感じがするのです。運の悪い事に夕方からは現役時代から続いている、お世話に成った方との年1回の宴席が設定されているのです。俗にいう偉い委員さん2人にこちら事務方2人の会なので、聞いているだけと言う訳にも行かず、覚悟を決めて参加。
 不思議な物です。アルコールが入ってしまうと声のカスレは相変わらずですが、喉の痛みは気に成らなくなってしまうのでした。2時間近くでお開きとなりましたが、委員さんは既に後期高齢を超えられ、こちらもそれなりに年を取ったので、本会が始まった時と比べると焼酎一本分は飲む量が減った感じがします。委員さん曰く、委員を離れてから10年近く続いている会は本当に珍しく有難いと、何回も何回も言われていました。
 代行タクシーで帰路の途につきましたが、明日声がですか心配です。
04月20日(金)
 「LS500」
 愛車の整備点検のためLEXUS店に。担当が代車を支度しておきました。と言ってきた。「代車はHSですか?」と言うと、「いいえ!今回は新型のLS500を用意したので、走ってきて下さい。」と言いながらキーを渡された。本当はこのままドライブに行きたいところでしたが、東北で3日間遊んでしまった事でやらねばならない畑仕事が溜まっているのでそれ処ではありません。そうはいってもこんなチャンスを逃すわけにはいきません。ラウンジの珈琲もそこそこに、自宅に帰りLS500から赤いトラクターに乗り換えて畑に直行。一日伸ばしてもと言う囁きもありましたが、来週の天候を考えると伸ばす選択肢はありません。昼飯も抜きで伸びてしまった雑草のロータリーと夏野菜の土作り作業を実施。
 16時頃に今度はトラクターからLSに乗り換え西尾方面へ車を走らせます。V6の3500CCツインターボという事でアクセルを踏み込むと一気にエンジンが吹きあがり、エキゾーストサウンドを轟かせながら簡単に100kmオーバー。僅か1時間ほど乗り回して、我が愛車と交換。帰路途中でアクセルを踏み込んでみましたが、2500ccハイブリットとの差は歴然。まぁ!しょうがないか・・・・
04月22日(土)
 「
04月15日(日)
 「