本文へスキップ

珍宝柿:学術名は筆柿

※ ホームページ内は三河弁で記述され、読みづらい箇所が随所に現われます。m(__)m

徒然草11月(第1週)  過去の日記&TOP写真

11月20日(月)
 「鶏足寺」
 同期退職者のN君とバスツアーを利用して、紅葉で有名な鶏足寺(滋賀県長浜市)に出かけます。8時15分に幸田駅前から乗車し岡崎経由で東名~名神~北陸自動車道と進めます。11時に福井県敦賀市の魚屋市場で早々と昼食を頂きます。一人1杯の蟹がテーブルに置かれていて、皆さん手とハサミを駆使しながら無言で蟹と格闘していました。参考ですが、生きている蟹は一匹と数え、茹でてあるものは1杯と数えるのです。
 昼食と買い物を済ませ、最初の目的地であるメタセコイヤが2Kmに渡って一直線植えられている景勝地に向かいます。メタセコイヤは韓国映画で有名になったヨン様出演の冬のソナタの名場面に登場する場所の日本版です。人混みと普通道路の為、道路に出て写真を撮影するのも至難の業、
 最終目的地である「鶏足寺」は、紅葉の時期以外は人が訪れる場所ではないので、駐車場もお店もありません。只、今の時期は京都の金閣寺を目指して歩いているほどの人だかりです。
 観光雑誌にはベストシーズンのベストショットが掲載されていて、期待胸に出かけるわけですが、実際にはタイミングはもとより、今日の様に人・人・人で、落差の大きさが残ります。
11月21日(火)
 「充電日」
 島根&鳥取旅行そしてお宮参り、昨日の紅葉狩りと慌ただしい日々が続いていました。
という事で、今日は本を数冊購入して、のんびり過ごす充電日としました。
 冬は毎日行わなければならない農作業も無く、忙しくないので、拍子抜けしそうです。やはり人間は忙しくてなんぼですね。
11月22日(水)
 「並行処理」
 今日は喪中葉書を購入しに郵便局へ、同時に信用金庫によって振込手続き、それが済んだら、ホームセンターによってヨトウムシの防除農薬、腐葉土と防除ネットを仕入れ、本屋に立ち寄り、本日発売の雑誌3冊購入、更にレクサスへ出向いてスマートキーの電池交換、その後に・・・とやらなければならない事を順序だてて片づけていく予定でした。ところが2番目の信用金庫では異なる金融機関のキャッシュカードと間違えたため処理でき無かった事で、家に帰り振り出しからスタートと成ります。ところが防除農薬の種類で手間取り、防除ネットのサイズで迷うなど、思い描いた通りの動きが取れません。
 昔は、ここに来たついでに、〇〇も片付けて行こう、と逆に思い立った様にパラレル処理が出来ていた気がします。まるで醤油と卵を買いに行ったのに、卵を買い忘れて、違うお菓子などを買ってきたしまった感じに似ています。
 挙句の果てに喪中はがきの購入枚数が微妙に足らず、追加購入に行かなければならない事態に。結局のところ今日は何が片付いたのだろうか?
11月23日(木)
 「
11月24日(金)
 「
11月18日(土)
 「防災訓練」
 朝8時にサイレンが流れ、地域の公民館まで避難するという訓練が開催されました。サイレンは流れると、「この家は無事ですと書かれた掲示板を玄関に掲げるか、掲示板の無い人は白いタオルを掲げるようになっています。
 いつ来るか分からなず、地震規模に対する想定も思い思いであるため、緊迫感は全くありません。集合場所に向かっている人たちの大半が高齢世帯であるため、参加する事に意義がある程度で、みんな一様に「その時はその時だ。もういつ死んでも・・」と楽観的なのです。 何日分の水や食料を保存するようなことも言われていますが、熊本地震など見ていると、今の時代は水や食料で困っている状況は見て取れません。
 行政も責任逃れのため訓練の為の訓練を行っている側面があります。もうオオカミ少年はやめた方が良いのでは・・・
11月19日(日)
 「お宮参り」
 4人目の孫が出来たので、お宮参りに行ってきました。お宮参りは、その土地の守り神である産土神に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を願う行事です。
 昔から子供が出来た時からお参りしている西尾市「小山田地蔵尊」に行きました。10時にに到着すると駐車場は満車状態で停めるところがありません。七五三のお参りかとも思いましたが、着飾っている子供の姿は見られません。兎に角、座る場所が無いほど満員の状態になる事は初めての経験でした。お姉さんなる2人の孫はお参りが終わるまで別室で遊んでいました。
 帯祝いに始まり、お七夜、お宮参りそしてお食い始め~一升餅の初誕生祝と更に七五三と子供に対する歳時記が続いていきます。昔から受け継がれてきた歳時記ですから、大切にお祝いしていきたいものです。
 そうそう、今日が大安の戌の日が満員の原因でした。