本文へスキップ

珍宝柿:学術名は筆柿

※ ホームページ内は三河弁で記述され、読みづらい箇所が随所に現われます。m(__)m

徒然草02月(第1週)  過去の日記&TOP写真

02月12日(月)
 「旗日」
 今日は11日の建国記念の日の振り替え休日です。だいたい記念日が固定せず、第二月曜日とか抽象的な日に設定してしまう事が、日本人が何事に足しても抽象的になってしまう根源の様な気がします。少なくとも筆柿が訪れた諸外国では、国旗や州の旗など、公の施設はもとより民間企業や道路沿いなど至る所に掲げられています。筆柿の地域では小中学生からお爺さんお婆さんまでもが、祝日の事を「旗日」と呼び日常会話でも認知されている言葉と成っています。そして、昔は多かれ少なかれ一般家庭でも日本国旗が玄関に飾られていたものです。ところが、最近は国旗が出ている一般家庭はまず見る事がありません。
 まぁ、普通の祝日に国旗はと言う人がいるかもしれませんが、せめて建国記念の日とか憲法記念日には掲揚してはどうかと思います。
 日本国旗でも「ポッチ」しちゃおかな?
02月13日(火)
 「勝ち組・負け組」
  毎度おなじみの病院に行くと、当然の如くマスをした病人でごった返しています。出来るだけ離れや場所で本を読みながら待つ事に。そんな本からの話題を取り上げます。
 勝ち組と負け組は何が違うか? そもそも勝ち負けとは「何に対してか?」です。お金を持つ事か、良い友達と出会える事か、趣味を極める事か、おいしいものを食べられる人生の事か、ちょっと考えただけでも沢山有りますし、楽しい事は人によっても違います。
 勝ち組は生き方によって違いますが、一つだけ違わない事があります。それは必要な時に必要な資金を用意できる人生か、用意出来ない人生かと言う事ではないかと言われています。 親や兄弟そして子供が病気になった時に、必要な治療を受けるためにはお金が必要です。逆に言えば、この分の資金さえ確保できれば、それ以上のお金は必要ないと言う事になります。 ほとんどの人はお金を残して逝きます。つまり、多くの人は必要ない資金でも「いつ、死ぬか分からない」ので、出来るだけ多くのお金を残そうと思って生きているのです。確かに、予定を過ぎても死ななかったら、それはそれで不幸ですから、予定よりも生きた時に備える必要はあると思います。
 面白い話ですが、「人はなぜ生きるか」という問いに、「予定通りに死ねないから」と答えた人がいます。名言ですねぇ・・・・
02月14日(水)
 「無一文」
 今日は現役を離れ、義理チョコも本命チョコも全く縁のないバレンタインデーです。と言う訳で、昨日起こった無銭飲食危機一髪について書き込むことにします。
 皆さんは買い物などの支払いは現金ですか、カードや電子マネーですか。因みに筆柿は後者のカード&電子マネー派です。 さて、本題です。病院の会計をカードで支払いを済ませ、新築移転したと聞いていた「喫茶チロル」に向かいました。チロルではモーニングにオムレツまで追加。ソファーに座ってのんびりと珈琲タイムを満喫していました。さて、帰ろうかと財布を覗くと、福沢諭吉は愚か、樋口一葉も夏目漱石も見当たりません。小銭は財布に入れない主義なので、一銭もお金が無い事に、顔面から血の気が引きます。病院で気が付けばATMや最悪コンビニで下ろすことができたのですが喫茶店では何ともなりません。そんな時、ガラス越しに愛車が見えます。「そうだ!非常用に2~3千円が隠してあるじゃないか!」という事で、マスターに「チョット車に忘れ物を」とお願いして、無事に支払いを済ませることができました。スーパーでは財布を忘れ、レジの直前で全ての品物を棚に戻したことは有りますが、今回のように財布が「スッカラカン」は始めてです。 振り返ってみると、3日の一周忌の支払った時に樋口一葉と夏目漱石しか残ってなく、その後堆肥搬入等で残っていたお札が全て消えました。その時に補填しなくてはと思っていて、そのままに成っていたのでした。その後、買い物をしていますが、財布に一円も無い状態で過ごせてきたものだと我ながら感心しています。
 勿論、非常用のお金は感謝しながら補填しておきました。
02月15日(木)
 「農業用倉庫解体」
 昨日から埃除けの囲い等の養生作業が行われ、本日より重機による解体作業が行われました。実はこの農業用倉庫、いつどの様にして建てられたものか、筆柿には全く記憶がありません。少なくとも、圃場整備も行われてなく、息子たちの小学校の通学路になっていた平成10年前後は建築されていなかったと思います。移築したような古い建物ですが、壁作りで瓦屋根なので、簡単に何処かから持ってきたとは思えません。唯一、筆柿の自宅に農業用倉庫があった事は間違いないのですが、まさか、それを移築したとは考えにくく、第一記憶が全くないなんて信じがたいのです。
 こんな事を覚えていないとは、情けない話です。娘や息子に覚えているか一度確認を取ってみようと思います。
02月16日(金)
 「アスパラガス」
 憩いの農園を訪れた時、長さ20cm程の根だけが塊となっていたものが売られていました。興味本位に手に取ってみると、「アスパラガスの苗」で少量で1,500円、一寸した塊だと3,500円と高価な値段と成っています。一瞬手が伸びましたが、アスパラガスの栽培方法を読んでからにしようと思いとどまる事に。昔、興味本位で作った事がありましたが、一回収穫して終わってしまったような。実はアスパラは栽培し始めると7年近く収穫できる作物だそうです。そのため、最初の植え付け時に堆肥などを十分施してから植え付けて、根が丈夫に育つように、1年目は味見程度しか収穫しては成らず、多くそして長い間収穫できるように、美味しいからと言って出てきたものを全て摘み取ってしまってはいけません。ひたすら根を育てるように肥料管理したりしなければなりません。積立貯金の様な感じですね。
 という事で、栽培してみようと、植え付け準備のための畑作りに精を出してきました。チョイ楽しみですが、今年は出来ても味見程度です。
02月17日(土)
 「羽生が勝ち、羽生が負け」
 平昌五輪のフィギュアスケート男子で羽生結弦(23)が金メダルを獲得し66年ぶりとなる五輪連覇という快挙を成し遂げた。一方、将棋界では羽生善治竜王が新進気鋭の藤井聡太五段に朝日杯で敗れ、「羽生が勝って、羽生が負けた」と話題になっている。
 最初に将棋で藤井五段が羽生竜王を破る快挙のニュースが広まった。その後にフィギュアスケートの演技が行われ、羽生が鬼気迫る内容で金メダルを獲得し五輪連覇が伝えられた。
 ツイッターの世界では「羽生さんと羽生くん」として使い分けられていたようですが、非常に分かりにくく混乱したとも伝えられています。個人的には「羽生が勝ち、羽生も勝つ」であって欲しかったです。
 まあ!藤井くんが勝ったとはいえ、今後は棋譜を研究されてきますから、大変だなと思います。
02月18日(日)
 「